デッド・クリフ

セットレンタルの員数合わせにチョイスした作品です
したがってそんな期待もせずに、86分という丁度いい尺でしたが
ドーなんンだろう、allcinemaさんによると未公開洋画になってますが
私が視聴したかぎり画角からして、どことなくTVフューチャーのような気がするんですが

山岳森林公園の、新人レンジャーのウェンディ
今日も朝の点呼に遅刻してくる、結構パリピなん雰囲気を醸している
新人ということで今日も内勤でしたが、友人が彼氏と一緒に仕事したいというので
汚名挽回とハイキングコースのチラシ貼りの外仕事を替わって
意気揚々と一人で森の中を歩き出したものの、
はじめての外勤早速道に迷ってしまうが、本人は目的地と思って
崖の上で自撮りし仕事を変わった友人に頂上に着いたって写真を送ると

一体どこの頂上にいるの?
さらに、写真の後ろに写ってるのは誰?って返ってくる
こんな山奥で携帯が繋がるっておかしくないかい?って見てて思ったんですが

そうなんですよねなんと後ろに男性の死体を見つけて
携帯で・・・ってときに電池切れ
慌てて無線で本部に連絡したものの、
途中で地図を無くしたせいで現在地がわからない

本部の指示は救助が日没み時間切れなので
明朝救助隊がいくまで死体のそばで現状守備を命じられる事に
すると謎の男が現れて・・・

このヒロインが新人ということで、外勤に慣れてないから
マトモなレンジャーの仕事ができない
謎の男が現れたら大声を出し、その弾みで無線機を落として壊してしい
本部との連絡が完全に断たれる

しかし、この男実に馴れ馴れしい、一体日没間際なのにどこから現れた?
死体を勝手に探るし、熊が出るとか脅してくる
懐にナイフを呑んでるのを見つけて
意を決してレンジャー命令として立ち退きを命じる
と言うことでちょっとコメディタッチから
死体発見からスリリングな展開になってはくるんですね

ってことで、一晩死体と過ごすことで・・・

ラストに熊が現れるんですが
それを置いといて、実は死体と、彼女の前に現れた男と実は・・・
なんだよこのオカルト的なオチは

2019年製作、アメリカ映画
ロクサーヌ・ベンジャミン製作・脚本・監督作品
出演:カリーナ・フォンテス、ケイシー・アダムス、エミリー・アルトハウス、ミランダ・ベイリー、マーティン・スパンジャーズ、マット・ピーターズ、スーザン・バーク、ジョン・ゲッツ<!–

–>

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://blog.goo.ne.jp/seyfriheard/e/8d6a4e7b4100422af852c55bc615f708