映画の口コミ・評価をまとめたランキングサイトです。
Blog

デビルズギフト

デビルズギフト

2019年09月17日

デビルズギフト

洋館でウィジャボードをする老婦人。今日はいつものトーマスと違う霊が現れて、名前はアグスタラオスと言った。ほどなくしてポルターガイスト現象が起きて、猿のおもちゃがシンバルを叩くと落雷が木、部屋に命中、老婦人もろとも洋館は焼け落ちた。妻を亡くしたデビッドは息子マイクと二人暮らし。時々恋人のスーザンが家にやってくる。マイクの誕生日を隣のピート家族と祝った時、スーザンは骨董品屋で買ってきた猿のおもちゃをプレゼントする。その日を境に植物は枯れ、金魚、愛犬も死んだ。そしてスーザンは猿のおもちゃに取り憑かれたように、マイクを殺そうとし始めた。・・・

デビルズギフト予告編
tdsg

デビッドは姉マージの紹介で霊能者のデフォレスト夫人と会い、「何とかその猿のおもちゃを家から出しなさい、私が行くと相手にすぐばれてしまうから、一人でやるしかないの。」と言われた。そしてお守りにペトグラムをくれた。家に帰りデビッドがシャワーを浴びていると、熱湯や泥が突然出て危うく死ぬ所だった。すかさずペトグラムをつけるデビッド。その後、デビッドは何とか猿のおもちゃをごみ箱に入れ外に出したが、マイクがまた持ってきてしまう。その後マイクが車にひかれそうになった時、猿のシンバルを手で止めるデビッド。寸でのところで車は止まった。デビッドは猿を持ちダッシュで郊外の野原へ行く。デビッドがスコップで猿を埋めていると、風雨、落雷と地割れが起きて、地割れに吸い込まれそうになるが助かった。数日後、デビッドのママが旅行から帰ってきて、マイクにお土産をくれた。何と、あの猿だった。突然家が揺れ始め、みんな必死に出ようとするがドアは開かない。デビッドの胸にはペトグラムは無く、キッチンにしまってあった。家は轟音を立ててデビッド達もろとも崩れ去った。・・・幕

B級でも脚本、編集は意外としっかりしていましたね。調べたら原作はスティーブン・キングでした。ただスプラッターシーンは全く無いので、(死んだ人間は冒頭の霊能者とラストのデビッド、マイク、お婆ちゃんですが、死んだ描写は有りません。)昔のホラーの雰囲気を80年代に投影したという感じですね。猿のおもちゃのシンバルが、じりじり開いていき、「ほらっ、鳴るぞ、終わりだぞっ!」って演出は良かったです。

1984年 アメリカ映画 THE DEVIL’S GIFT ★★
監督、脚本:ケニス・J・バートン
脚本:ヘイデン・オハラ、ホセ・ヴァージェリン
原作:スティーブン・キング short story “The Monkey”
出演:ボブ・メンデルソーン デビッド・アンドリュース
ビッキー・サブート スーザン、デビッドの恋人
ストリュアン・ロバートソン マイク、デビッドの息子
ブルース・パッリー ピート、デビッドの友達で隣人。
J・レネー・ギルバート マイクのお婆ちゃん
マルレーン・ライヤン マージ、デビッドの姉

コメント

コメントフォーム


評価する

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット



引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。http://rocknhorror.blog.jp/archives/80185089.html


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.