プライベート・ウォー / A Private War

英国サンデー・タイムズ紙の特派員として、レバノン内戦や湾岸戦争など世界中の戦場を取材し、世界に伝えた実在の女性記者メリー・コルヴィンの半生を描いた作品。

世界には、こんな骨のあるジャーナリストが居たんですね。イラクでの集団虐殺犠牲者の墓地、“アラブの春”でのカダフィ大佐とのインタビュー、そして、シリア内戦の現状。「あ、そう言えば」と言うのが少なくありません。それらの報道は、彼女の功績によるものだったんですね。

ラストのシーン。チャンネル4、BBC、CNN、ITNニュースへの出演ですが、それをやったがために居場所を知られ、攻撃されたんですかね。都合の悪いところを見られていますから、消されたんでしょうね。

タイトル プライベート・ウォー / 原題 A Private War

日本公開年 2019年
製作年/製作国 2018年/イギリス・アメリカ
監督 マシュー・ハイネマン
出演 ロザムンド・パイク(メリー・コルヴィン)、ジェイミー・ドーナン(ポール・コンロイ/戦場写真家)、トム・ホランダー(ショーン・ライアン/サンデー・タイムズ紙編集長9、スタンリー・トゥッチ(トニー・ショウ/メリーのボーイフレンド)<!–

–>

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://blog.goo.ne.jp/katte_cinema/e/95a80a18fcd09a16de86faa4f67c6655