仙台オールロケ~身近に感じた『アイネクライネナハトムジーク』の映画鑑賞

■『アイネクライネナハトムジーク』チラシ

『アイネクライネナハトムジーク』仙台ロケ地マップ

■「MOVIX仙台」

 9月15日、仙台市太白区長町にある「MOVIX仙台」で、三浦春馬主演の『アイネクライネナハトムジーク』の映画を鑑賞してきました。

【宮城県先行ロードショー】

 9月20日から全国ロードショー、9月13日から宮城県先行ロードショーということで、全国に先駆けて鑑賞することができました。

 『アイネクライネナハトムジーク』は、仙台在住の作家伊坂幸太郎の原作で、仙台でオールロケをしているということから興味津々でした。

【三浦春馬・NHK仙台放送局生出演】

 9月14日には、三浦春馬が、午前11時10分からNHK仙台放送局の「大好き東北 定禅寺しゃべり亭」へ出演していました。

 約1か月かけて仙台でロケをした撮影時のエピソードを話していたこともあり、ミーハーの面持ちで鑑賞してきました。

【『アイネクライネナハトムジーク』とは】

 物語については、見てのお楽しみということで書き込みませんが、題名は、モーツアルトの楽曲で、『アイネ(ある)クライネ(小さな)ナハト(夜の)ムジーク(曲)=「ある小さな夜の曲」』なそうで、「アイネクライネ」に始まり「ナハトムジーク」で終わるという原作と言うことでした。

 原作を読んでいないため、書き込んでいる自分は、何のことかと消化不良を起こしています。

 夜の仙台駅で出会った小さな出来事が、10年の時を経て奇跡のような瞬間が夜に遭遇するというラブストーリーでした。

【見慣れた仙台の風景】

 何が良かったかというと、地元の住民としては、見慣れた仙台の風景が随所に出てきて親近感が湧き上がり、改めに仙台の良さを知ったことでした。

 仙台ロケ地マップをいただいてきたので、行ったことのないロケ地巡りも良いのではと思っています。

<!–

–>

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://blog.goo.ne.jp/nk1124_1946/e/2725c662e121b642c92e05a3bad7fa5a