戦場のメリークリスマス

「戦場のメリークリスマス」 1983年 日本/イギリス


監督 大島渚
出演 デヴィッド・ボウイ
   坂本龍一  ビートたけし
   トム・コンティ
   ジャック・トンプソン
   内田裕也  ジョニー大倉
   室田日出男 戸浦六宏
   金田龍之介 三上寛
   内藤剛志  本間優二

ストーリー
1942年、ジャワ山岳地帯の谷間レバクセンバタに日本軍の浮虜収容所がある。
まだ夜が明けきらない薄闇の中、日本軍軍曹ハラは将校宿舎に起居する英国軍中佐ロレンスを叩き起こし、閲兵場に引き連れて行く。
広場にはオランダ兵デ・ヨンと朝鮮人軍属カネモトが転がされていた。
カネモトはデ・ヨンの独房に忍び込み彼を犯したのだ。
ハラは独断で処置することを決め、万一の時の証人として流暢に日本語を操るロレンスを立ち合わせたが、そこへ収容所長ヨノイ大尉が現れ、瞬時にして状況を察した彼はハラに後刻の報告を命じて、軍律会議出席のためバビヤダへ向かった。
バビヤダ市内の第16軍拘禁所にある法廷では、英国陸軍少佐ジャック・セリアズの軍律会議が開かれていた。
セリアズはレバクセンバタ浮虜収容所へ送られてきた。
ヨノイは浮虜長のヒックスリに、浮虜の内、兵器、銃砲の専門家の名簿をよこせと命ずるがヒックスリは、敵に有利となる情報を提供するわけにいかないと拒否する。
時は流れ、1946年、戦犯を拘置している刑務所にロレンスが処刑を翌日に控えたハラに面会にきた・・・。

寸評
僕がこの映画を振り返るときに真っ先に思い浮かぶシーンが二つある。
一つはデビット・ボウイのセリアズが坂本龍一のヨノイのほっぺにキスをするシーンで、もう一つはビートたけしのハラ軍曹がロレンスに「メリー・クリスマス」と言うラストシーンである。
真っ先に思い浮かぶのだから僕にとっては印象的なシーンだったはずで、なぜそのシーンがそんなにインパクトを持ったのかと振り返ってみると、この作品の持っている側面、あるいは隠されたテーマの様なものに行きつく。

セリアズがヨノイにキスをするのは、収容所長であるヨノイ大尉に理不尽と思える処刑を行わさせないためであるのだが、しかしその後にヨノイが興奮のあまり倒れてしまうのを見るとホモ・セクシャルな感情を見てしまう。
戦争、俘虜収容所という異常状況のなかで形作られる崇高な性愛表現だ。
対応しているのが朝鮮人軍属カネモトが、オランダの男性兵デ・ヨンを犯して処刑されることである。
カネモトは事におよんでしまうが、ヨノイはセリアズに興味を示しながらもそれを態度に表すことはない。
しかしセリアズにキスされたことでヨノイは錯乱状態に陥る。
画面は揺らぎ、ヨノイは卒倒してしまう。
まるで恋い焦がれる女性にキスされたような状況に思えた。
ヨノイはセリアズの髪の毛を切り取るが、これなども恋人の髪の毛をもって出陣した兵士を連想させる。
この様な日本人の精神性は宗教観や武士道精神を通じて作中でも描かれている。

その精神性の一端として表されたのがラストの「メリー・クリスマス」の呼びかけだ。
ハラは典型的な日本軍人として描かれている。
時が移り、彼は逆に連合軍の戦争犯罪人として俘虜収容所にいる。
ロレンスとは立場が逆転していて、どうやら処刑が待っているようだ。
俘虜収容所での交流を通じ、ロレンスは今の自分の立場ならハラ軍曹を助けることが出来ると告げるが、ハラはその申し出を受けることが出来ない。
日本軍人は助命を願わず死を選ぶと教え込まれているからだ。
彼は「助けて…」とは言えないので、「メリー・クリスマス」と言ったのだと思う。

断片的には面白いシーンをたくさん有している作品だと思うが、あまりにも多くのことを描きすぎて散漫になってしまったきらいがあるのは残念だ。
二二六事件の影響とか、セリアズのエリート意識や階級意識なども印象的なものにとどまっている。
坂本龍一もビートたけしもうまい演技をしているとは言い難いが、特に坂本龍一の演技はひどいと思うのだが、それでもビートたけしの存在感だけは際立っていて、彼がいなかったらこの映画は成り立たなかったのではないか。
D・ボウイはなかなかよくて、僕にはロック歌手としての認識が強い人だが、あちらでは芝居もやっているらしいし、いい雰囲気を生み出していた。

ハラが酔っぱらって「ファーザー・クリスマス」と発するあたりから、僕は非常に興奮状態になった。
どちらも正しいと思ってやっていることが悲劇をもたらしてしまうのが戦争だと訴えているようにも思う。<!–

–>

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://blog.goo.ne.jp/zanmaiykt/e/2380e47576e3c9dbe16aa6f9db5ef6a0