映画を観て、ふるさとの歴史を知りました〜 【映画 引っ越し大名】

姫路藩から日田藩への国替えを描いた映画。フィクションだと思っていました。ふる さとの歴史を知って、へ〜!
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへにほんブログ村
あなたの応援に大感謝です! 
 
そのワンクリックでモチベーションが急上昇します!
(この文字の上を押してくださいね)

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 

 

■引っ越し大名

・・・・・・・・・・
姫路藩主松平直矩に、豊後(九州)日田藩への国替えの令が下った。
国替えは今回で5回目だ。
総勢1万人の150里(600㎞)にわたる引っ越し費用を賄う財政は無い。

誰もやりたがらない引っ越し奉行に、書庫(図書館)番の春之介(星野源)が指名さ れる。
何から手を付けたらよいかさっぱり分からない。
膨大な引っ越し費用は、どこから捻出すれば良いか・・・。
途方に暮れる春之介。 春之介に勝機はあるのか・・・?
・・・・・・・・・・
 
■へ〜
 
松平直矩は、生涯7回の国替えを経験しているんですね。
だから 「引っ越し大名」 とあだ名されているそうです。
 
この映画のテーマは、「姫路から日田への引っ越し」というところにピクンと反応し て観に行ってきました。
はい、私は大分県日田市出身なもので。 「日田は天領」 と聞いていたので、この話はフィクションだろうと思っていました。
ところがこの松平直矩が過ごした1682年〜1686年までは「日田藩だった」ということ を初めて知りました。
1686年から天領(幕府直轄地)になったんですね。
知りませんでした〜
 
 
■最初にやること
 
引っ越しって、やることがたくさんありますよね。
藩の引っ越しともなれば、本当に大変。
その中で最初にやることは何だと思いますか?
 
実は「引継書の作成」なんです。
次に入居する大名のために、資産目録を作ることなんですね。
へ〜っです。
 
 
ちなみに私は社会人になって以降、引っ越しを10回しています。
あなたは何回?
 
■■■最後までお読みくださってありがとうございます!■■■

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへにほんブログ村>

大応援をお願いしま~す!

 
そのワンクリックでモチベーションが急上昇します!
(この文字の上を押してくださいね)

<!–

–>

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://blog.goo.ne.jp/yasu1958/e/74e48734a4e970c20500f18b8b0c3bb9