映画 ゴールデン・リバー

画像11

ジャック・オーディアール監督によりフレンチウエスタン作品「ゴールデン・リバー」を鑑賞。

 

カンヌの名匠ジャック・オーディアールが挑む西部劇作品。ヴェネツアでは銀獅子賞をフランスアカデミー賞では最高賞のセザール賞に輝いています。主役の二人は、原題でもあるシスターズブラザーズとして最強の殺し屋兄弟をジョン・C・ライリーとホアキン・フェニックスが、二人が追う科学者と彼と共にする連絡係にリズ・アーメッドとジェイク・ギレンホールが演じています。

物語は、1851年のゴールラッシュに沸くアメリカ。最強の殺し屋として恐れられているシスター兄弟のイーライとチャーリーに新たに与えられた仕事は、金塊を川から見つけ出す方法を生み出した科学者ウォームを捜すこと。二人の連絡係のモリスの手紙を頼りに町から町を渡っていきます。殺し屋兄弟を狙う輩を倒しながら、二人を追い詰めた先には、新たな関係が生まれ予想外の展開が待ち受けています。

西部劇の基本であるストーリーを踏襲しながら、オーディアール監督は兄弟が殺し屋になった理由や兄弟との複雑な関係を科学者を追う中で描いていきます。そこがとても面白く、兄を演じたジョン・C・ライリーの演技が秀逸で弟が酒浸りの日々を送りながらも、彼を見守り、肌身離さず持ち歩いているシーツの匂いを嗅ぎながら心落ち着かせ、弱気者には優しき殺し屋を演じています。

後半に向かい、4人が金脈採掘を通じて関係が変化し、ラストでは兄弟の深い絆となって結実。西部劇の枠を超えた人間愛があふれるドラマが展開されていきます。そこが、君と歩く世界やディーパンの闘いなど苦境に立ち向かう人間の強さを描くオーディアル監督の真骨頂と言えます。

西部開拓時代を舞台に個性的な役者たちが織り成す人間ドラマをぜひ楽しんでみてください。

画像1

画像10


映画レビューランキング

<!–

–>

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://blog.goo.ne.jp/ag-maeda/e/ecb7885bcc28ec03d08919970fb08f93