聖書に関する映画「私の主は誰か」抜粋シーン(2)神の働きや言葉は全て聖書の中に書かれているのでしょうか|日本語

聖書に関する映画「私の主は誰か」抜粋シーン(2)神の働きや言葉は全て聖書の中に書かれているのでしょうか|日本語
宗教界では、神様の働きや言葉はすべて聖書の中に書かれていると信じられています。つまり聖書の外には、神様が語られた言葉や働きは存在しないという考えです。つまり、聖書を信仰している限り、天国へ行けるということが保証されいるということなのです。このような思想は、神様の働きの事実に沿っているのでしょうか?聖書の外に神様の言葉は存在するのでしょうか?一体何が人間を天国へ導いてくれるのでしょう?それはあくまで聖書に忠実にあることすることでしょうか、それとも子羊の足跡をたどることでしょうか?この短編はその答えを全て明らかにしてくれます。

東方閃電]全能神教会は、主イエスの再臨である終わりの日のキリスト全能神の現れと働きによって創られました。当教会は、終わりの日の全能神の働きを受け入れ、神の言葉によって征服され救われるすべての人々によって成り立っています。当教会は、全能神ご自身によって全てを創られ、全能神ご自身によって導かれ牧養されています。決して人によって創られたものではありません。キリストは道であり、真理であり、いのちなのです。神の羊は神の御声を聞きます。全能神の言葉を読めば神が現れられたのを見ることができます。

<!–

–>

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://blog.goo.ne.jp/obeyalmightygod91/e/b0dcfadd2353bdbe751aae3673203cc8